防音の手引

* 数値と防音

  音の強さを表す単位に、デシベルdB が使われます。
  デシベルと云われても、何のことかピンとこない方は、温度に
  (100dB を 100度のように)置換えると、理解しやすくなります。

  ピアノをフォルテッシッシモfff.で弾けば、約 100dB の強さで鳴ると
  云われています。
  しかし、 90dB まで 10dB ほど落として弾いても、さほど弱くなったとは
  思いません。

  ところが、40dB の音を 30dB にすると、ものすごく弱くなったと感じます。
  同じ 10dB なのに、受ける感覚に大きな開きがあるのが人間です。


デシベル 一般騒音レベル   楽  器 デシベル
130 以上 大砲の至近距離   ドラムの連打 120
120 飛行機エンジン音近く   エレキギター 100〜120
110 自動車のクラクション2m   電子オルガン 80〜100
100 電車通過時のガード下   マリンバ・オーディオ 80〜120
90 騒々しい工場内   ピアノ・コントラバス 70〜100
80 地下鉄の車内   ヴァイオリン・サックス 70〜95
70 電話のベル・大き目のテレビ音声   フルート 60〜87
60 普通の会話   女性の声楽 60〜90
50 静かな事務所   男性の声楽 50〜87
40 図書館・市内の深夜      
30 虫のなき声・郊外の深夜      
20 そよ風・木の葉の音      

* バスドラムやコントラバスなどは、低音のエネ
 ルギーが強いので、特別の遮音計画が必要



  デシベルとは、 ・・・いきなり難しいので 「熱変換と防音」 まで とばして読んで!!
  
  何の何乗という難しい対数を、簡単な足し算で表したもの。

  また、「防音をすれば何デシベル下がる」 というような「相対的」なもの。

  「絶対デシベル」は、仮の姿で、上表のように ある基準値に基づき定義された単位。
  例えば 「アンテナの利得」・・、「スピーカーの能率」・・、「アンプの増幅率」・・、「マイクロホンの感度」・・、
  利得・能率・増幅率・感度など、その時々において それぞれの 0デシベルを決めている。
  これらは勉強しないと得られない知識で、私のように・・・にわか勉強では混同してしまい、
  正しいのか間違っているのか「絶対デシベル」は理解不能。

  (ゼロ) 0 dBmを 1mW という返還式もあって、ワットとの関連を表現。 

  ちなみに、Wは 電圧×電流であるから、ワットはエレルギーが二倍された積でチョット特殊。
  しかし、3Wが 6Wと二倍になっても、それは電圧か電流の一方が二倍されただけなので、
  増加は 3dBで 6dBとはならない。   ・・・いやはや何のことか全然分からない・・・という人も。


* 熱変換と防音

  熱変換は防音の基本です。
  言葉は難しいのですが、「空気伝播音」のように正しく書きます。

 「空気伝播音」の音を消す一つに「吸音」があります。

  音が粗密の狭い物体の隙間をすり抜けようとする際、周りの物体
  例えば、グラスウールを一緒に振動させ、その振動がグラスウール内部の
  分子をも振動させ摩擦熱を出すのです。

  熱は音ではありませんから、「熱変換」した分だけ音が消えます。
  これを「吸音」と言っています。

 ちなみに、「遮音」とは、

  音を「袋のネズミ」することで、逃げられないように密封・遮蔽し、
  固体質量と空気質量の質量差によって音を押さえ込んでいます。
  コンクリート壁は、空気より何倍ほど重いのでしょう。
  その差の分だけ音はコンクリート壁を通り抜けるのですが・・・、

  10p厚のコンクリート壁は、空気より二万倍ぐらい重いので、
  音のエネルギーは、二万分の一 つまり 53dB ぐらい防音効果があるのです。
  とあるメーカーの極めて高額・高級な防音工事と同じぐらいの効果を

  防音をしていない生のコンクリート壁が・・・ですよ・・・。

  尚、音を 二重窓のような袋のネズミにして、音をそのまま自由にして置くのでなく、
  この空間を「吸音材」で吸い取ると、「遮音・吸音・遮音」という構造になり、
  防音効果が飛躍的に増します。

  弊社の防音は、これを常に意識して、「空気伝播音」の処置を組み立てています。


* 規模と防音
  防音は、ある所から急に難しくなり、より勝れた効き目を望めば、
  桁違いの規模・金額でやる必要があります。
  例えば、10cm厚の防音壁で 30dB の防音効果を得られたとします。
  2倍の20cm厚で造ったらどうでしょう。
  壁厚を2倍にしても、その音圧差を感じ取れる人間は、まずいません。  
  では、4倍の40cm厚ならどうでしょう.
  一般の方は、まだ解からない人が殆どです。
  特別 耳の良い人が、「少し小さくなつたかしら?」 と思う程度です。
  80cm厚の壁になって、やっと どなたも弱くなったと知る事ができます。
  数値と人との間に、こんな関係があるのです。
  ほんの少しの改善のために、80cm厚の壁は、非現実的な値だと
  思いませんか?
  「ある所から急に難しくなる」という意味をご理解いただけましたでしょうか。
  ではなぜ、10cm、20cm、40cm、80cm と、急に数値を上げたのでしょう。
  実は、規模を2倍にすると、防音では 3dB 改善されます。
  したがって 80cm厚の壁は、2の2乗倍(3dB)が3回で、9dB 改善した事になり、
  防音壁は 39dB 得られした事になります。

* 適量と防音

  「適材適所」に加え、「適量」も防音には抑えたい知識です。
  防振ゴムは、分子が揉まれることで「熱変換」をし、振動を減らすのに
  有効な素材ですが、多く使ったからといっても逆効果になるのです。
  例えば・・・、
  乗用車のタイヤゴムとダンプトラックのタイヤゴムでは、ダンプの方が
  多くのゴムを使っていますが、これを乗用車に採用してもゴツゴツして
  逆効果なのは明白です。
  普通は、多くを使った方が防音は効くと お客様も業者も考えがちですが、
  費用ばかりかかって 防音にとって実は不利なのです。
  
* 距離と防音
  音の「距離減衰」を利用すれば、比較的簡単に、質の高い防音が
  得られます。
  空気を伝わる音のエネルギーは、距離の3乗に反比例して減衰します。
  ようするに、急激に減衰するのです。
  「高価な防音ドアを入れるよりも、二重ドアなら安物でも効果は高い」
  という事です。
  
* 素材と防音
  防振ゴムには、良い面と、悪い面とを持ち合わせています。  
  液体や固体を伝わる波動は、限りなく遠くへ届きます。
  (場合によっては、地球の裏側から日本に届く事があります)
  愛媛丸に、アメリカの潜水艦が衝突し、日本の高校生に痛ましい犠牲者が出ました。
  その時、海上の障害物を調べるソナーとかいうもので、航跡を記録していた
  ニュースがありました。
  音波を発射し、反射してきた時間を計って、距離を出していたのです。
  往復で50〜100kmもの距離を、音は殆ど減衰しないで伝わっているのです。
  電車のレールなどの固体は、どうでしょうか。
  電車のレールは、25mの長さの物をボルトで繋いだものですが、
  レールに耳を当てると、何キロも先の電車音が聞こえます。
  マンションなどのコンクリートや鉄筋に音を伝えると、殆ど減衰しないまま
  マンション中の部屋で響きますから、要注意です。
  さて 防振ゴムは、液体と固体の両方の性質を備えており、
  それを「ゲル」といいます。
  液体も固体も音を良く通すのですから、中間の性質を持った
  「ゲル」も、音を良く伝える一面を持っています。
  防音に欠かせない防振ゴムも、過信は禁物です。
  防振ゴムの良い面は、強い振動が加わった時、分子が擦れ合って
  摩擦熱を出します。
  熱は音でありませんから、熱エネルギーに変換された分だけ、
  音が消えます。
  それにしても、防振ゴムが音を通すとは、・・・・

  つぎへ