苦情の事例

 

* 「永年暮らしているが、うちでは苦情がないから。」

  と云って、油断しておられる方がいらっしゃいます。
  当社で手掛けた防音の多くが、「8 年目とか15年目とか」
  年数を経てからのものが多数あります。

  では、それまで、相手に迷惑を掛けていなかったのでしょうか。
  そんな訳がありません。
  それまで、相手は「我慢」していたのです。
  「堪忍袋の緒がきれた」とは、正にこの事です。
  こうなると、堰を切ったように「苦情」が止まらなくなり、
  解決の糸口が、大変に難しくなります。

  (松戸市 野牧さま、所沢市 恵福さまなど多数)
    (プライバシー保護のため、名前をかえました)

 

* 「固体伝播音(振動)」は、階下だけでなくマンション中に伝わる。

  振動は、階下だけが影響を受けるものでありません。
  マンション1階のピアノ音が、3階のお宅に届き「苦情」になりました。
  固体を伝わる音は、50kmも遠くへ届くのです。

  ただ、マンションの端と端なら、たとえ聞こえていても、何処で鳴っているのか
  相手が「特定」できないので、「苦情」になることは殆どありません。
  「苦情」がない事に甘えて、水面下で多くの人に迷惑を掛けている事実を、
  忘れてはなりません。

  (船橋市 高井さま、狭山市 井上さまなど)
   (プライバシー保護のため、名前をかえました)

 

* 私たちは、音の中でくらしています。

  そのことを忘れてはなりません。

  三軒ほど先の「犬の鳴き声がうるさい」と苦情を云いました。
  「犬を飼うのは法律違反ではない」と撥ねられ、すごすごと引き下がって
  きましたが、今度は自分の弾くピアノの音が、通りで鳴っているのでないかと
  心配になり、帰宅したご主人に尋ねたら「聞こえている」と云うので、
  それ以降ピアノを弾けなくなりました。

  当社に、防音を依頼して来たのは、言うまでもありません。

  (西東京市 元山さま)(プライバシー保護のため、名前をかえました)

 

* こんな所で防音?

  防音を頼まれて行ったのが、人家の無い、広々とした平野の ど真ん中。
  不思議に思いながら目的地に着くと、有りました・・・・三軒ほど。
  裏の家から「苦情」があったとかで、いやはや、これにはいささか驚きました。

  (銚子市 小高さま)(プライバシー保護のため、名前をかえました)

 

* ヘッドホーンを着けて弾いている、電子ピアノで「苦情」になる?

  電子ピアノや消音ピアノで、「まさかでしょう」と思うような苦情が、
  現実に起きています。
  
原因は打鍵した際の衝撃音で、鍵盤の下を叩くパーカッション音です。
  連続したゴツゴツ音が床に伝わった結果、苦情が寄せられました。

  同じ要因で、それはそれは沢山のメールをいただいています。
  「苦情」を避けるために、電子ピアノにしていた筈なのに。・・・とほほ。

  (川崎市 岡本さま、逗子市 萩生さま、ほか多数)
   (プライバシー保護のため、名前をかえました)

 

* 「苦情」を出した事例です。

  「ピアノを入れても、問題なく弾ける」という約束で、新築マンションを購入。
  入居後すぐに「苦情」が発生。
  「これでは約束が違う」と販売主のリ*ルート コスモスに「苦情」を入れました。
  リ*ルート コスモスで、いろいろ壁などの防音工事をしましたが、思わしい
  結果が出なく、当社に「防振台」の依頼がありました。
  「的を外した所を、いくら工事をしても効目が無い」という解かり易い事例です。

  (渋谷区 別府さま)(プライバシー保護のため、名前をかえました)

 

* グランドに買い替えた時も

  アップライト ピアノの音で「苦情」があり、当社の「防振台セット」を
  導入したのが、99年12月。
  2002年7月25日 クランドに買い替えたので、今度はグランド用の
  防振台を依頼されました。

  効目を感じていなかったなら、ニ度と注文は来なかった筈です。
  当社としては、嬉しい注文でした。

  (世田谷区 鎌田さま)(プライバシー保護のため、名前をかえました)


トップページに戻る